■プロフィール

hicarve

Author:hicarve
オフロードバイク
スキー、スノーボード
美味しいもの
工具、道具
大好き(^^♪

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

TE250 スイングアームピボットベアリング グリスアップ
色々と忙しくて(^^;
なかなか思うように整備が進みませんが・・
テクニクスに出している前後サスペンションの
チューニングにもう少し時間がかかるので
早く乗りたい気持ちを抑えて、ぼちぼちと整備を…
どうもHiちゃんですm(__)m


さて、今日は
スイングアームピボットベアリングのグリスアップ

ピボットシャフトのナット
高トルクで締まっていたので(@_@;)
久しぶりーに使用する工具
「ブルーポイント伸縮式スピンナーハンドル」の出番

スタンド上で
ヤジロベエ状態の車体がグラつくので((((;´・ω・`)))
思うように力をかけれず・・
インパクトレンチが欲しくなって来ましたね(; ̄ェ ̄)


ケチって?ほとんどグリスが付いていない国産車と違って
しっかりグリスが塗り込んでありました(^^)v

分解しなくてもよかったレベルでしたが・・


左側、外側のシール部分に
薄いビニールの破片が噛みこんでいました(゜_゜)

今までの経験上・・
新車時組立て時にシールのリップ部が
メクレていたり、損傷している事が多いようなので・・
新車時のリンク回り及スイングアームピボットの分解点検整備は
やった方が良い!と改めて思いましたね。


リンク部リンケージレバーのニードルベアリング部も

スイングアームピボットと同様に
古いグリスを拭き取って
ベアリング、カラー、シャフトにはZOILグリースを塗り込み
シール部分にはZOILラバーグリスを塗布して
組み付けました(^^♪ 

TE250 | 19:07:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する