■プロフィール

hicarve

Author:hicarve
オフロードバイク
スキー、スノーボード
美味しいもの
工具、道具
大好き(^^♪

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ハイエース 故障
ハイエース トラブル発生
F1001149.jpg
[排出ガス浄化装置警告灯]と[エンジン警告灯]の2つが点灯。

この警告が発生すると、スロットル開度信号が最大20%に抑えられるらしく、
登り坂は速度がどんどん下がってきます。高速道路も90km/hがやっと。
…これではチャオに行けません。

TOYOPET周南店へ修理にだしました。(※ 3回目)
代車はプリウス 初めて乗るハイブリッドカー。
F1001153.jpg
普段ディーゼルに乗っているので、低速モーター走行時には静か過ぎて違和感大。
F1001154.jpg
FF車でフロントにエンジンとモーターがあるので、フロントヘビーな先入観が
あったのだが、バッテリーが後部に搭載されているからでしょうか?
思っていた以上に、リヤタイヤの接地感と安定感がありました。

プリウスに乗って思った事ですが・・・

昔は、エンジンの振動や排気音、車体の挙動を自分の体で感じ、それらの情報を
自分自身にフィードバックしながらドライバーが車をコントロール。

これから先は、モニターに表示されるデータを見ながら運転。
各部に配置されたセンサー情報を取り込みCPUが判断、車がドライバーを
アシストしてくれる時代。

スノーボードやスキーも十数年後には、
雪面からの反力や板にかかる力、前後左右の荷重配分などの情報を
モニタリングしたり、後でロギングしたデータを解析出来たりして。

板のトーションやフレックス、加重などを自動的に可変させ、
ライダーの滑りをアシストしてくれる時代が来るかも?

CPUとメモリー等は超小型化が実現しているので、
後はアシストするためのデータの処理とプログラミング、
そして可変させるためのアクチュエータが課題か?…素人考えですが。

以前、茶原さんが何かのビデオの中で、
「スノーボードは、用具と技術の進化の追っかけっこだ」と言ってました。

ただ、用具の進化が急速に進み過ぎると、逆に面白みや達成感が半減するかもしれませんね。

「技術の低さを道具でカバー」がモットーの自分ですが、
急斜面や不整地を誰もが簡単にフルカービング出来るようになると、
ちょっと…やりがいがなくなります。

話が横路にそれましたが、
(※ ハイエースは同様のトラブルが3月に2回発生しており、すでに2回程修理にだしています。)
今度こそ、原因をつかんで、完全に修理してもらいたいものです。
今日も笑顔で修理を依頼しましたが、もしこれで直らなければ・・・亀田父モードのswが入りそうです。

チャオはプリウスで行くか?


ハイエース | 19:32:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する