■プロフィール

hicarve

Author:hicarve
オフロードバイク
スキー、スノーボード
美味しいもの
工具、道具
大好き(^^♪

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

17/18 SNOW 6日目(恐羅漢)スノーボード
今日は恐羅漢~
恐羅漢では、最近いつもスキーだったので
スノーボードで滑走するのは久しぶり~
とりあえずリフト一番乗り♪

天気は朝から雨☔
昼前から雪、ミゾレに変わり
午後からは曇り空に。

バーンは少し軟らかめの雪質で板も走り
滑り易いまずまずのコンディション
せっかく雪が良いのに
このままダラダラ滑るのはもったいないので
スクールに入校する事に・・
(SAJ恐羅漢スノーボードスクール)

何と👀自分一人に先生が二人も付いてくれて
とってもぜいたくなレッスン✨
主に、立山上部の急斜面や
中急斜面の検定バーンでのトレーニング。

本当に色々と勉強になり
滑りの幅、引き出しが増えたと同時に
確実に上達に繋がる楽しいレッスンでした♪
F先生、N先生ありがとうございましたm(_ _)m
4d3ece05d6188469c48338d0afe08b92.jpg
両先生共に
急斜面や荒れたバーンを
板に働きかけ、雪面を削りとりながら
板をたわませ、キレイな丸いターン弧で
丁寧に滑る!
安定感のあるコントロールされた滑り!
スキーでもスノーボードでも
自分の理想としている滑りが
とっても印象に残っています💡

今日のお昼ごはん

ハンバーグカレー🍴🙏



以下、自分用のメモ
あくまでも自分用ですから(^^;
・重心を前に移動した先落とし。
・重心センターで前足トーションを使った先落とし。
・前方向への重心移動の代わりにトーションを使う。
・ショート、ミドルも前側への重心移動を行わず前足のトーションを使って捉えて角付け。
(今までは切り換え時、ターン始動時重心をしっかり前に移動して捉えていましたが、コレだとセンターに乗ったまましっかり捉えられます)
・ショートターンもトーションをしっかり使って捉えて、急斜面では雪面を削りとりスピードコントロール。
・ショートターンではもっと深く回し込む。ゆっくり目のリズムやターン弧の幅が大きくなってもOK。
・特にショートターンのトゥで深く回し込めないのは、腰が進行(板のノーズ)方向を向いていないから。
トゥで鍋のシメをきちんとやって回し込む、その時内倒しないようリーンアウトもしっかりと。
・急斜面ではしっかり雪を削りながらスピードコントロールしてターン。
・急斜面で荒れてきてもトーションを使って雪面を削りながら板をたわませる丁寧な丸いターン弧の練習が自分には必要。
・特に荒れたバーンでは切り換え時圧を上に抜かないように。

2017/2018 SNOW | 20:11:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する